HOME   »  2013年03月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cell.jpg

1: 一般人φ ★ 2013/03/03(日) 00:03:42.20 ID:???
 体内時計を「速める」「遅らせる」という正反対の働きを持つ2種類のたんぱく質が、細胞内でバランス良く
働くことで約24時間周期が保たれることを、東京大学の深田吉孝教授らの研究チームがマウスの実験で
明らかにした。

 28日付の米科学誌セルに論文が掲載された。睡眠障害など体内時計に関わる病気の診断や治療に役立つ可能性があるという。

 研究チームは、約24時間周期で増減を繰り返すCRY(クライ)というたんぱく質に作用する「FBXL3」
「FBXL21」という構造の似た2種類のたんぱく質に着目。それぞれのたんぱく質を作れない遺伝子
組み換えマウスを暗闇で生活させて調べたところ、CRY分解作用を持つFBXL3は体内時計を速め、CRYを
蓄積させるFBXL21は時計を遅らせることが分かった。両方のたんぱく質ともない場合は、数週間後に
行動リズムが完全に崩れた。

▽記事引用元 読売新聞(2013年3月1日17時29分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130301-OYT1T00841.htm


▽東京大学プレスリリース
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2013/06.html

▽Cell
「FBXL21 Regulates Oscillation of the Circadian Clock through Ubiquitination and Stabilization of Cryptochromes」
http://www.cell.com/abstract/S0092-8674(13)00148-7
cell02.jpg
スポンサーサイト
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 08:39:06.73 ID:UWflO5eE0

偉いんだから


1: Ψ 2013/03/01(金) 18:48:16.36 ID:ah+BVJA80

頭狂大学
企業犯罪執行役養成学校
雇われ社長予備軍
アスペルガー集団
高偏差値高プライド低職務遂行能力
高学歴小銭収集ヲタク


広告








広告

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。